AtomエディタをVimっぽく使う(jj->Esc)

最近Vimにそこそこ慣れてきて、いろんなコマンドを覚えてきました。oとOでの前or後の行を挿入して編集できるのと、ci”(””内を消去して書き換える)が便利。

ただ、GUIに全く慣れず、絶妙に使いにくい。Vimを使うときは大抵ターミナルから使う始末。そこでAtomを使ってみたけど、上記のショートカットが使えない。と思ったら、AtomをVimっぽくするプラグインのようなものがあるらしい。というわけで、入れてみました。

はじめに

Vimとは

http://www.vim.org/

viという古代兵器のようなテキストエディタから進化した、CUIで使える高機能エディタ。かなり細かいところまでカスタマイズが可能。可能なんだけど、自由度が高すぎてどこから手をつけたらいいのかわからない。

Atomとは

https://atom.io/

GitHub製のテキストエディタ。割と最近出たテキストエディタですが、周りで使ってる人は多いです。Windows、Mac、Linuxの全てに対応してるので、ほとんど全ての環境で動くんじゃないでしょうか。ベースがChromiumとNode.jsだから、JSとCSSでカスタマイズできちゃったりするらしい。

今回は、このAtomでVimのキーボードショートカットを使えるようにします。と言っても、既に先人が便利なパッケージを作ってくださっているので、我々はそれをインストールするだけ。

唯一カスタマイズするのは、「jj」→「ESCキー」のキー割り当て。これがないと、insert-modeからex-modeに抜けるのに指をかなり移動させないといけなくなります。また、MacBook ProのTouchBar付きモデルには、物理的なEscキーがないので、このキーバインドがないとしんどい。

プラグインのインストール

Atomの「+Install」から、「vim」と検索をかけると以下のようにいくつかのプラグインが表示されます。その中から「vim-mode-plus」をInstallしてあげます。

vim-mode-plusをインストール

ex-modeについて

ex-modeを使うためにインストールするのは、「vim-mode-plus-ex-mode」ではありません。こちらのパッケージのREADMEにはこんなことが書いてあります。

vim-mode-plus-ex-mode


– I originally released this package for quick workaround of lack of ex-mode support.
– But now ex-mode works with vim-mode-plus.
– If you want better ex-mode, don’t use this package, use ex-mode instead.


Experimental ex-mode support for vim-mode-plus

README – vim-mode-plus-ex-mode

要は「ex-mode」の方がいいよ、とのことなので、そちらを使わせてもらいましょう。

ex-modeをインストール

キーバインドを設定

あとは、jj->ESCのキーバインドさえすればOKです。

みんな考えることは同じ

「vim-mode-plus」のTIPSページに解決策がしっかり書いてありました。タイトルは「Escape from insert-mode by typing jk quickly.」ですが同じことです。

https://github.com/t9md/atom-vim-mode-plus/wiki/TIPS#escape-from-insert-mode-by-typing-jk-quickly

Atomの設定のKeybindingsから、your keycap fileをクリックして、以下を貼り付けます。

'atom-text-editor.vim-mode-plus.insert-mode':
'j j': 'vim-mode-plus:activate-normal-mode' # jj to escape


かず猫

インターネット初心者です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください