CentOS7にDockerCEをインストール

Mastodonのインスタンスを建てようと思って調べていたら、Dockerなるものの存在を知りました。

Dockerを使わずにMastodonインスタンスを構築する手段もあるようですが、Docker使ったほうが楽そうです。また、Dockerはかなり一般的なツールらしいので触ってみることにしました。

Dockerとは

仮想マシンのような便利さを、軽量に実現するためのもの。

Mastodonインスタンスを建てるとき、いろんなパッケージをインストールしてどうのこうのしなくても、すでに出来上がった環境を自分のものとして使える様になるっぽい。

自分は以下のページを見ました。

Docker入門(第一回)~Dockerとは何か、何が良いのか~ | さくらのナレッジ

Dockerのインストール

公式ドキュメントを参考にやっていきます。今回は一番簡単かつ推奨されているように、リポジトリをインストールして行きます。これで以降のアップデートも簡単。

手順は以下のようになります。

  1. 古いバージョンのDockerをアンインストール
  2. 前提となるパッケージをインストール
  3. 使用するリポジトリをインストール
  4. Dockerをインストール

今回インストールするのは、DockerCE(Community Edition)のStable版です。Docker EE(Enterprise Edition)に対するCEってことだと思います。

1. 古いバージョンのDockerをアンインストール

公式ドキュメントには、こんな感じに一気にremoveするようになっています。

$ sudo yum remove docker \
                  docker-client \
                  docker-client-latest \
                  docker-common \
                  docker-latest \
                  docker-latest-logrotate \
                  docker-logrotate \
                  docker-selinux \
                  docker-engine-selinux \
                  docker-engine

ですが、Dockerをインストールした覚えはないので、上記の面倒なコマンドの代わりに、確認だけしておきます。

$ sudo yum list installed | grep docker

何も出てこなければOK。

2. 前提となるパッケージをインストール

言われたとおりにインストールしていきましょう。

$ sudo yum install -y yum-utils \
  device-mapper-persistent-data \
  lvm2

自分の環境では、すでにすべてインストールされていました。

3. 使用するリポジトリをインストール

リポジトリをインストールすることで、これ以降Dockerをアップデートするのが簡単になります。

$ sudo yum-config-manager \
    --add-repo \
    https://download.docker.com/linux/centos/docker-ce.repo

今回はstable版なのでこれで終わり。edge版やtest版なるものもあるようですが、今回は関係ないので飛ばします。

4. Dockerのインストール

ここまでくれば、リポジトリのパッケージをyumでインストールするだけになります。

最新のDocker CEをインストール

$ sudo yum install docker-ce

インストールの際、GPG Key(正しい配布元かを確認するための署名)の確認を求められますので、以下のとおりであればOKしておきましょう。(できればこの値ではなく、公式ドキュメントを見てください)

060A 61C5 1B55 8A7F 742B 77AA C52F EB6B 621E 9F35

これでDockerがインストールされました。自動的に”docker”グループが作成されますが、まだ誰も入っていません。

Dockerをテストしてみる

インストールされたDockerが正常に動作するかテストします。まず、Dockerを起動します。

$ sudo systemctl start docker

問題なく起動したので、”hello-world” イメージを実行してみましょう。

$ sudo docker run hello-world

正常にインストールされていれば、Dockerが自動的にイメージをサーバーからダウンロードしてきて、メッセージが表示されます。

一応、どのバージョンがインストールされたかチェックしておきましょう。

$ docker -v

Docker version 18.06.1-ce, build e68fc7a

これでDockerのインストールは完了です。Mastodonの導入にはDocker-Composeも必要ですが、それはまた別の記事に書きます。

 

2018/10/8 追記: 書きました
Docker Composeをインストール

かず猫

インターネット初心者です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください